【子育て】滑舌でも心身の状態が分かるという話

子育て・子どもの整体について

こんばんはー

「滑舌が悪かった」ムラタです

今日は滑舌

 

・滑舌がよくなった…!

定期的に来ている中学生の子がいるのですが、上半身を緩めるために首とか顎とかを緩めたんですね。

そうしたら口が凄く軽くなって驚いていました。

口が軽くなったのを確認するのに、早口言葉(バスガス爆発)を試しに言ってみたら、すらすらと言えるようになっていました。

そして、滑舌がよくなっただけでなく「小さい声でも良く通る俳優のような声」に若干なっていて私もその子もお母さんも驚いていましたね。

このスープが冷めない謎の器欲しい。万古焼きなんだろうか…

 

・話すだけで不健康にもなる

滑舌というものは会話(言語)によるものですから人とのコミュニケーション(会話)によるストレスが大きく関係しています。

自分の意見や考えを持って何か発言をしたとしても、否定ばかりされると言いたくても言い出せない状態になりやすいです。

自分の考えを言い出せない状態になってしまうと、「言葉を出すという行為でさえ不安や恐怖といった感情」がついてしまいますね…

そうなってしまうと、日常会話でも言葉を発するだけで緊張状態になってしまい滑舌が日に日に悪くなりますし、緊張状態で話しているので「会話をするだけで不健康になってしまう」と感じます。

家で気をつけても「学校や習い事で負担がかかっている場合も多い…」と思いますので、家庭だけでも子どもの発言を大切にして育てていくと、体も健康で心も自由な発想や考えの出来る子に育ちやすいと思いますよ!

 

・今日のまとめ 子どもは自由な発想で発言していることが多いのじゃ!滑舌を気にしてみると自由度が分かるかもしれんぞ!

 

四日市の整体院・村田整体

滑舌も良くするのはコチラ!