当院の概要
HOME > 自律神経失調症について

自律神経失調症について

自律神経失調症について


自律神経失調症とは

自律神経失調症とは自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって内臓不調や眩暈、冷え性、動機等々の様々な症状がおきることをいいます。
明確な原因が思いつかないのが自律神経失調症の特長ともいえるでしょう。

自律神経失調症は脳の疲れやストレスからくる
自律神経は脳から背骨を通って全身に行き渡っています。

なので脳が疲れてまったりストレスを溜め込んでしまうと自律神経が上手く働かなくなってしまい体のあらゆる箇所で不調が起こってしまうのです。
基本的には精神的なストレスが脳に影響することで自律神経のバランスを狂わせます。

自律神経失調所になりやすいかどうかは精神的なストレスにどれだけ強いか、あるいはストレスを溜め込んでいないかが大きな鍵となっています。
基本的に自律神経のうち交感神経が活発になりすぎている場合が多く脳や内臓が休むことができずに疲労がたまっていった結果、徐々に働かなくなってしまうのです。

副交感神経が弱くなるとあらゆる不調がおきる
自律神経の副交感神経の働きが弱くなると体は常に活性化しているため休む時間がなくなっていきます。
体を休めている時間に新しい体の細胞が作られたりするので代謝が落ちたり免疫機能の要であるリンパが作られなくなってきます。
そうなると風邪になったりちょっとした事で不調をきたしてしまうことになってしまいます。

自律神経失調症を良くしていくには

自律神経失調症の人は交感神経が働きすぎて体が休んでいない期間が長すぎることが原因でおきています。

なので自律神経失調症の大きな特徴の一つのやる気が出なかったり体がだるかったりするのは体が壊れないように、守るためにしている防御反応なのです。
なので自律神経失調症の方は体の状態を良くしていく必要があるでしょう。

体と心の関係性
体と心は二つで一つです。
体にが悪くなれば心の状態も悪くなり、心の状態が悪くなれば体の状態も悪くなります。
なので体と心の一方だけでなく両方とも良くしていくことが重要でしょう。

体を良くしていく
自律神経失調症の方は体の疲労感やだるさもあり寝ていたり一定の場所から動かないことが殆どだと思います。
確かに寝るという行為は体は休まり疲れ自体はある程度取れていきますが体の状態をみると良くなっていることいえないことも多いです。

何故なら筋肉量が落ちていくことで体力がなくなったりホルモンの分泌量が落ちたりもします。
体を動かさないと血流も悪くなったり脳も活性化しないので体の機能としては衰えていってしまいます。

体を良くしていくには
体を良くしていくのに大切なのはまずは食事でしょう。
私達の体は食べたものによって作られています。

なので体にとって良いものを食べていけば体は良くなっていくのです。
体を良くしていく食べものとは旬の食品であること、新鮮であること、食品添加物が少ないこと、冷凍食品でないこと、ビタミン類やミネラル類がとれていること等々を気にかけてみてください。

食べ物選びで重要なこととは神経質にならず今よりも良いものを取っていくといった考え方で少しずつ改善していくのが望ましいです。

運動
運動をすることによって血流が良くなり食べたものから吸収した栄養素を全身に運ぶことができます。
運動で体を動かしたりストレッチで筋肉を伸ばしてあげると血液とともに酸素も全身に運ばれるので疲れにくい体になることができます。

心を良くしていくには
心の状態を良くしていくのは積極的に行わないと体よりも良くなりにくい傾向があります。
ただ寝るだけでなく音楽を聴きながら休んだり日光が当たる場所、あるいは読書をしながら休むのもいいでしょう。

自立神経失調症に対する当院の調整法

自立神経失調症の方はストレスが溜まっていて頭が緊張しているので重要なのは頭蓋骨を整え緩めてあげる事がです。
頭が緩まると血流が良くなるのでリラックスすることができます。

脳の血流を良くするには頚椎の調整をする必要がありますし、全身の血流を良くしない事には脳に行く血液も限られますので心臓と肺も調整します。
そうすると脳だけでなく心もやすまるのでよりリラックスできるでしょう。

自律神経失調症の方は内臓不調を抱えている方も多いので内臓の調整もします。


お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-466-744
お問い合わせをお待ちしております。 →ご予約・お問い合わせフォームへ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る