当院の概要
HOME > 血液について

血液について

血液について


                目次

血液とは

血液とはヘモグロビンという色素で赤色がついている液体で60兆もある全身の細胞に酸素や栄養素を循環させる変わりに老廃物を受け取り排出するという役割があります。
体にある水分の六割は細胞内あり残りの四割は細胞外にあります。

全身の血液の重さは体重の1/12程度あり、血液の重さは1リットルで1kgで心臓の収縮によって血管という管を通って全身に運ばれます。
心臓付近の血管は圧力が強くかかるので太く厚く作られていますが心臓から遠くなると細くなっていき毛細血管となり、心臓へ帰ってくる時は静脈と呼ばれる違う機能を持つ血管を通ってきます。

血液の約半分は血漿と呼ばれる水分でできており、もう半分は赤血球や白血球、血小板の3つからなる血球です。
血液を空気中においておけば固まるがこれは血漿の中にあるフィブリンと呼ばれるタンパク質による作用で凝血するのです。
血漿からフィブリンを抜くと血清と呼ばれるものができます。

血液の成分

血液は赤血球、白血球、血小板の三つからできています。

赤血球
赤血球はこの三つの中で一番多く酸素を運ぶヘモグロビンと呼ばれる鉄を含むタンパク質があるので酸素と結合すると赤い色になります。
この赤血球は細胞内に核が存在していないので細胞分裂で増えることができません。

赤血球は約25兆個もの数が体内にあり日々二千億個も作られており120日間隔で入れ替わります。
不要となった赤血球は肝臓で分解され胆嚢に運ばれた後、便となって排出されます。

白血球
白血球は赤血球と違いヘモグロビンを含んでいないので赤くならず白色をしてます。
白血球は好中球、好酸球、好塩素球、リンパ球、単球という5つの物質からできており免疫機能の働きを持ちます。

好中球
白血球の約六割を占めるのが空中球で細菌を取り込み殺菌する役割を持っている。

好酸球
アレルギーに関係し筋肉を収縮させる働きを持つ。

好酸球球
好塩基球もアレルギーに関係し腫れや痒みの作用を持つ。

リンパ球
リンパ球は白血球の中で一番免疫機能に肝心な働きを持つ。

単球
単球は病原体を食べる働きを持つ

血小板
血漿版は出血した際に凝血するといった役割を持っています。

血漿
血漿は水のようなもので体内にある様々な物質を運ぶ役割を持っている。

造血の仕組み

血液を構成している赤血球、白血球、血小板はは骨髄に含まれる多能性造血幹細胞から作られる。
この三つは個々の働きが全く違うにもかかわらず同じ細胞から作られるのだ。

同じ細胞から作られるが体にはそれぞれの細胞を作るのを助けるものがある。
赤血球は腎臓から生産されるホルモンによって生産を助けられ、白血球は呼ばれるウイルスや細菌や体内の不要なものを取り込むマクロファージから作られます。

血液の役割
血液中になるヘモグロビンは酸素とくっつくことができるので血液は酸素を運ぶことができます。
この酸素は各細胞が運動の際に必要なエネルギーを作ったり体温を維持するのに使われます

白血球は対外からは入ってくる細菌から身を守る免疫機能の働きがあります。
血書版に含まれるフィブリンは凝血作用があるので怪我をした際には固まり血液が対外に出続けないような働きを持ちます。

体内の栄養素の運搬
血液は体内の栄養素を運ぶ働きをします。
食べ物は口から入り体内で吸収しやすいように胃で消化、分解され分解された食べ物は腸で吸収されます。

吸収されたものは肝臓に運ばれ体の栄養素として使いやすいよう合成されるのです。
体内で不要となった二酸化炭素やアンモニア、あるいは食品添加物等々のものは血液で肝臓や腎臓に運ばれ便や尿で排出されます。


血液を綺麗にしていくには

血液には食物から吸収された余分な栄養素や薬等の余分なもの、体内で不要となった老廃物等が多く存在しています。
これらを分解、排出しないことには血液の状態は良くなっていきません。

血液を綺麗にする内臓は主に膵臓と腎臓と肝臓なので、この三つ臓器を活性化させると血液は綺麗になっていきます。

膵臓
血液中の糖分は膵臓で作られるインスリンというホルモンは血液中の糖分を全身の細胞に送りこむことで血糖値を下げます。
なので膵臓が弱っていると血液中の糖分が処理できず血糖値が上がり続けてしまうので糖尿病になってしまいます。
膵臓の働きを良くするには糖分を取りすぎないことが一番大切でしょう。

肝臓
肝臓は様々な血液中にある栄養素を分解。解毒する働き持っています。
薬や添加物の多い食品を多く摂取してしまうと肝臓に負担がかかります。
基本的に内臓や筋肉は暖めるといいtされていますが働きすぎている肝臓は熱を持っていることが多いので冷やすといいでしょう。

腎臓
腎臓も肝臓と同じで血液中にある余分な物質をろ過し、尿で排出します。
腎臓が弱っていると尿として排出できなくなるので血液は濁っていくでしょう。

腎臓の状態を良くするには水分の量を適切に摂取していくことです。
尿の色が薄すぎず、濃すぎない程度に少し着色されている位がいいでしょう。

お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-466-744
お問い合わせをお待ちしております。 →ご予約・お問い合わせフォームへ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る