当院の概要
HOME > パーキンソン病

パーキンソン病について

パーキンソン病について


パーキンソン病とは

パーキンソン病とは脳の近くにある黒質という神経細胞が変化してしまうのが原因で神経伝達物質のドーパミンの分泌量が 低下してしまうことで様々な症状が出ます。
神経伝達物質ドーパミンの役割 神経伝達物質の一つであるドーパミンは運動に関する神経伝達物質です。

パーキンソン病になってしまうと十分なドーパミンが排出されなくなるので体を動かそうとしても思うように動かせなくなります。
また、ドーパミンは楽しいと感じる感情にも関連しているので不足してしまうとイライラしたり不安感が強くなったりして ひどい場合にはうつ病のような感じにもなってしまいます。

ドーパミンを作る黒質が何らかの原因で破壊されてしまうことが原因です。
この黒点は年齢を重ねるうちに少しずつ減っていくので高齢者の方がパーキンソン病になる確率が高いといえます。

パーキンソン病の症状

パーキンソン病は様々な症状が表れます。
パーキンソンの初期症状として代表的なのが手の震えでしょう。

左右どちらかの手や指が震え両手に広がったり足へ広がったりします。
その次に歩行障害や立ちくらみ等々の症状が出てくる方が多いです。

パーキンソン病になると自律神経に関連する症状もでる
パーキンソン病になると神経伝達物質の分泌バランスが崩れるので自立神経も乱れてきます。

震え
手や足が何もしないときに震えます。

こわばり
筋肉がこわばる事によって膝や肘や指等々の関節が動かしずらくなります。

動作の緩慢
一つ一つの動作が遅くなり動きが緩慢になります。

便秘
震え等々の症状により運動不足になった結果、便秘になります。
また、胃腸の働きも落ちるのも原因の一つです。

冷え・浮腫み
運動不足や筋肉の硬直が原因となる事により血流が悪くなり、冷え性や浮腫みを生じます。

精神症状
パーキンソン病は運動に関わるドーパミン以外のセロトニンやノルアドレナリンという神経伝達物質も低下する傾向があるので精神的な症状もでる場合が多いです。
その割合は約半数にもなります。

認知障害
パーキンソン病は約30パーセントもの人が認知障害になるといわれています。
アルツハイマーの様な認知症とは若干違い考えるのが遅くなったり考えがまとまらなくなったりします。

その他の症状
パーキンソン病の方は筋肉に痛みが出たり痙攣を起こしたりします。

パーキンソン病の検査

パーキンソン病は脳の奥にある1g程度しかない黒質の異常が原因であるので血液検査や尿検査、MRIやCT検査では見つけることが出来ません。
なのでパーキンソン病かどうかであるのは問診によっての判別が重要となってきます。

なのでMRI検査で異常が出ない場合はパーキンソン病の疑いが強くなります。
問診内容は震えはどこで発生するか、歩行はどのような感じか、薬を服用しているかを聞かれます。

震え・筋肉のこわばり・動作の緩慢・歩行障害、この四つのうち幾つ該当しているかによってパーキンソン病であるかを判断されます。

パーキンソン病の治療

パーキンソン病の治療は薬物治療が中心です。
基本的にはドーパミンを補充する薬を飲みますが薬の服用期間が長い場合や薬が効き過ぎてしまう場合が あるので安全とは言えない場合もあります。

ドーパミン補充薬を飲んで症状が治まるかどうかをみるかというのも一つの指標になります。

手術
薬が効かない場合には脳深部刺激法という手術をします。

パーキンソン病のリハビリ

リハビリ 運動をすることにより体の機能を回復させます。
体を動かすリハビリはパーキンソン病にとってとても重要な役割があります。

パーキンソン病はドーパミンの量が減っていくごとに筋肉が強張っていきますので運動によって動かすことによって 進行を遅らすことも可能です。

パーキンソン病に対しての当院の調整法

パーキンソン病はドーパミンの不足、それに伴う筋肉の緊張を良くしていかないといけません。
筋肉の緊張は直接緩めたり振動を与えることによって緩めていきます。

ドーパミンの不足は脳幹の近くにある黒質を刺激を送ることによって活性化させます。
薬でドーパミンを補充するわけではなく黒点自体を調整することによってドーパミンが排出されるので安全です

お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-466-744
お問い合わせをお待ちしております。 →ご予約・お問い合わせフォームへ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る