当院の概要
HOME > 心筋梗塞・狭心症

心筋梗塞・狭心症

心筋梗塞・狭心症について

心臓とは

心臓は成人の場合2300g程度、その殆どが筋肉でできています
一日に十万回、収縮と拡張を繰り返しており、7tもの血液を循環させます。

成人の血液量は5ℓ程度あり、この血液が約1分をかけて体の中を一周します。
運動時には25ℓもの血液を全身に送ります。

脳にある自立神経が運動量や呼吸量、体の緊張具合、精神的なストレス等々の体の状態から自動的に心臓の運動量を決めます。
一般的な心拍数は60~s90程度です。
心臓を酷使しているスポーツ選手は平均で40や50以下になっている人もいますが心臓や脳の神経がスポーツ用に適応しただけですので心配しなくても大丈夫です。

脈には動脈と静脈の2種類あり、動脈は心臓から全身に血液を送る脈で静脈は全身から心臓へと戻ってくる流れのことをいいます。


血液の流れ

心臓は4つの部屋と2つの脈があり、上に左心房、右心房、下に左心室、右心室という4つの部屋に分かれています。
心室から全身へと血液を送り出し心房は全身から血液を受け取る。
左心室は全身に血液を送る働きがあるので4倍の圧力がかかります。

心室と心房との間には弁というものが付いており血液の逆流を防いでいます。
血液の循環量をこの弁によって調整しています。

心臓は収縮と拡張(拍動)によってポンプの働きをし全身に血液を送ります。
右心房の上部にある上大静脈の「洞結節」は電気刺激を発生させる働きのある特殊な心筋です。

血液の流れはとても速く左心室から全身へいき、左心房まで戻ってくるまでには数十秒しかかかりません。
左心室と右心室は同時に収縮しているので心臓から体への循環と心臓から肺への循環は殆ど同じだけの血液が送り出されています。

左心室から体へと送り出されるときは酸素が多いため鮮血な赤色ですが、体から戻ってくるときは二酸化炭素が多く含まれるため黒く濁った赤色になっています。

心臓にも栄養が必要
体や肺には酸素や栄養が必要ですが心臓にも酸素や栄養素が必要です。
そのため、冠動脈という血管が心臓の左右に分岐し、更に複数に分岐して心臓が働くのに必要な血液を循環させています。

この心臓への栄養通路が詰まってしまうと心臓に血液がいかなくなってしまうので働きが低下します。
そうすると狭心症となり、さらに悪化し完全に詰まってしまうと心筋梗塞となってしまいます

心筋梗塞とは

梗塞とは血管が詰まってしまい(血栓)その先の血管に血液が行かなくなってしまうことで壊死してしまう状態のことをいいます。
血液の状態が悪いと脂肪等が固まり、血管にプラークというゴミが血管内部に付着し血管が狭まります。

その狭くなった血管に血栓と呼ばれる冠動脈の動脈硬化の脆い部分が(粥腫)が剥がれて血管を詰まらせてしまうことのことです。
心筋梗塞は冠動脈の血管が詰まり心筋が梗塞してしまうことの事をいいます。
大きな原因は動脈硬化ですが糖尿病や高血圧、肥満体系の人も血管の状態が悪いので起きます。

心筋梗塞の症状は狭心症のよりもきつく、動悸だけでなく胸の激しい痛みや冷や汗、吐き気等の症状が出ます。
症状が続く時間が長く続く場合や長時間経過しても一向によくならない場合は心筋梗塞を疑いすぐに病院に行きましょう。

心臓に血液がいかなくなると
心臓の冠動脈が狭窄し完全に塞がってしまうとその先の血管に血液がいかなくなります。
すると酸素と栄養がいかなくなるので数分もあれば心臓の筋肉が壊死してしまいます。
心筋梗塞は基本的に急に発生するので直前の狭心症のうちに治療することが重要となってきます。
心筋の範囲が広がると心臓が停止する心不全となってしまいます。

何故心筋梗塞になるのか
 血管の80パーセントが詰まると狭心症になります。
心筋梗塞は狭心症から進展する場合が多いですが運が悪ければ粥腫が血管を詰まらせてしまう場合があるので動悸や息切れ等の狭心症の症状がまったくない場合でもいきなり心筋梗塞になる人も多いです。

狭心症とは

狭心症は血管が細くなり血液の流れが悪くなることによって細胞に供給される酸素や栄養素が不足しておきます。
狭心症も心筋梗塞と同じく心臓を取り巻く左右の冠動脈の血液不足によっておきる症状です。
冠動脈の詰まる場所は血管の根元が多く、ここが詰まるとそこから先の心筋に血液がいかなくなるので心臓が苦しくなります。

冠動脈にコルステロール等がメインのプラークが付着して狭くなると血液を送り出せなくなってきます。
冠動脈が70%近く詰まってくると狭心症の胸が締め付けられるような感覚や動悸息切れが起きます。

動作時におきる狭心症は激しい動作をした時に発作が出るので安静状態になれば5分程度で治まります。
安静時にも動悸や息切れ等が起きる安静時狭心症は要注意です。
何故なら労作時狭心症の時よりも冠動脈が狭まっている可能性が高いからです。

2種類の狭心症

安静時狭心症
心臓が痙攣を起こして血管が急激に細くなることにより狭心症特有の心臓のつらさがおきます。
運動時以外に発生をします。

動脈硬化や心臓の血管にプラークと呼ばれるコルステロールがメインのごみが多く付着したことにより発生します。
交感神経が優位になったときに起きる特性があります。

労作時狭心症
労作狭心症とは体を使う、運動時だけにでる狭心症のことです。
運動をすると筋肉で酸素を沢山使います。
この時、冠動脈が詰まっていると全身に十分に血液が行渡らないため酸素不足状態になります。

冠動脈は太いので80%近く血管が詰まらないと症状は出ません。
しかし80%以上つまり狭心症の症状が出始めると胸の痛みが出たりとても苦しい症状です。
酸素不足状態が続くと狭心症特有の心臓のつらさがでます。

この心臓のつらさは安静にしていると5分程度で治まります。

労作時狭心症は2種類ある
安定狭心症
冠動脈の内側の組織が壊れにくい状態

不安定狭心症
安定狭心症が続き、冠動脈の内側の組織が壊れやすかったり、壊れている状態。
血栓ができてしまうと血流を止めてしまい心筋梗塞に発展してしまいます。



心臓病の原因である血管の詰まる仕組みとは

心臓病の原因は血管の詰まりです。
どれか一つが原因になっている訳でなく様々なものが原因となって血管を詰まらせます。

糖尿病
糖尿病の人は膵臓や腎臓の機能が低下しているので血液中の糖濃度が高くなっています。
血糖値が高くなると糖とたんぱく質が結びつくといった異常が起きます。

血管はたんぱく質でできているのでその異常な血液が血管とぶつかり血管が傷つきます。
膵臓で作られるインスリンが不足すると血液中の中性脂肪が増え高血圧につながります。

高血圧
高血圧になると血管に圧がかかります。
血管内部が傷ついているとその箇所に圧がかかり傷が広がってしまいます。

中性脂肪
中性脂肪は体内で分解されると糖になります。
糖になってしまうと血糖値が上昇します。
それだけでなく動脈硬化そ促進させてしまうので気をつけたほうがいいですね。

内臓脂肪の働き
内臓脂肪が正常な範囲であれば動脈硬化を防ぐ働きのあるホルモンを放出します。

このホルモンは血管の傷を修復します。
しかし、内臓脂肪が多くなり肥満になってしまうとこのホルモンは放出されなくなります。

タバコは何故悪いのか?
タバコのニコチンは血管を収縮させ血圧を上昇させたり動脈硬化の原因となる血液中の脂肪酸を増やします。
タバコの煙に含まれる一酸化炭素は血液に入ると赤血球と結びつき血液中の酸素濃度が低くなります。

コレステロールとは?

コレステロール
コレステロールは脂質の一種で体にとっては必要不可欠な存在です。
しかし多くなってしまうと血管にプラークとしてたまってしまい動脈が詰まってしまう原因となります。

コレステロールはリポタンパクという丸い容器の中に詰まっています。
善玉コレステロールは血液中のコレステロールを肝臓に流し血液が綺麗になります。
逆に悪玉コレステロールは血管中にコレルテロールを運ぶので血液がどろどろになります。

コレステロールが溜まる仕組み
動脈は内側から内膜、中膜、外膜に分かれます。
このうち直接血液と接触している内膜は内皮細胞でおおわれていて血液が固まらないようにしたり血管を広げたりと動脈硬化を防ぐ働きがあります。
しかし、この内膜が高血圧や糖尿病で負荷がかかりすぎてしまうと内皮細胞に傷が付き、動脈効果を防ぐ働きが作用しなくなります。

そうなると内膜の傷から悪玉コレステロールが進入し、酸化され酸化LDLに変化します。
この血管細胞内に入ってきた異物である酸化LDLを白血球のマクロファージが酸化LDLを取り込み、そのまま血管内で死滅します。
その結果、コレステロールや脂質等の異物が血管内に溜まっていき内膜はどんどんと分厚く硬くなってしまいます。

このコレステロールや脂質等がたまった塊はプラークといい血管を圧迫し血流が悪くなります。
プラークが肥大化し損傷するとその部分を修復しようとします。
その修復箇所が肥大化し血栓と呼ばれる血の塊となり血管を塞いでしまう事で心筋梗塞になります。

善玉と悪玉のバランスが重要
高血圧や糖尿病や喫煙等で血管に傷がつきます。
この時に悪玉が多いとこの傷のところにコレステロールがたまります。

粥腫は粥のようにどろどろしているので血圧が高くなったり血液の状態によってすぐに壊れてしまいます。
この粥腫の壊れたところを血液の血小板が修復しようとしまう。
そうすると血液に栓がされ(血栓)心筋梗塞の原因になります。


心臓病は循環器内科へ受診する

診察ではまず聴診をし、その後血液検査や血圧検査、尿検査や眼底検査で血液に異常がないかを調べます。
心臓を心電図とX線で直接検査して心臓の異常を見つけます。
基本的に心電図もX検査も心臓に異常が出ている時にしか分かりません。

なので事前に狭心症や心筋梗塞を発見し、防ぐというのは西洋医学では難しいです。
心臓病は心臓の血管の詰まりが原因なので血液検査で動脈硬化を見つけたりコルステロールの値をみて脂質異常を見つけ血液の状態を見たほうが心臓病の疑いを発見できるでしょう。

鍼灸師の方は脈診で心臓が弱っているかをチェックできますので不安な方は診てもらうのも一つの手かもしれません。
病院では器械を装着し心電図で脈に異常が無いかを調べます。
柔軟な管を手首や足の付け根の血管から挿入し心臓まで通し心臓の内圧や酸素濃度を測定する方法もあります。


心臓病の検査

心臓病の検査には超音波検査やCTによる画像検査がある。
カテーテル検査も主流ではあるが検査をするだけで血管に傷がつくので症状がきつい場合や術後の検査で使用がされることが多いです。

心電図検査
体に電極を着けて心臓が収縮する際に起きる電圧を測定します。
この電圧で心臓の収縮と拡張の具合がわかりす。

基本的に心臓に異常がでている時にしかわかりませんので検査をする際は負荷をかけて不整脈や狭心症の症状を無理やり出す必要があります。
もしくは小型の心電図を記録する装置を着けて測定します。

超音波検査
胸の上から超音波で心臓の形や動き具合を見ます。
その場で直接心臓の状態を見れるのと心臓に負荷がないので安心な検査方法です。

カテーテル検査
手首や足の付け根からカテーテルという管を血管を通して心臓まで届けます。
心臓の冠動脈に造影剤を入れた後、X線検査で撮影をします。

胃のバリウム検査と同じようなものと考えていただいていいでしょう。
血管が狭窄している場所は造影剤が入っていかないのでX線で写りません。

画像を見ることにより血管がどれぐらい狭まっているかがわかります。
狭窄がひどい場合はそのままカテーテル手術に移行します。

CT検査
これも造影剤を血管から注入してX線で画像を撮影します。
通常のX検査と違うのは体を360度筒状の器械で囲うのでより鮮明な画像を撮影できるということです。

血管や心臓に負担がない安全な検査ではありますが放射線にあたるので体には負担がかかります。
造影剤にも副作用があり負担がかかるので安心は出来ません。

MRI検査
磁気で撮影する検査です。
放射線を使わないので安全な検査です。

CTよりもより鮮明な画像が得られるのます。
しかし検査中の騒音で検査後めまい等の症状に襲われる可能性がありますのでその日は安静に過ごしましょう。



心筋梗塞の治療

心筋梗塞の手術は大きく分けてカテーテルの管を通す手術と胸を開く手術の2種類があります。
どの手術も来院してから70分以内に手術をすると生存率が非常に高くなります。

血栓溶解療法
カテーテルという細い管を腕や足の付け根から冠動脈に挿入し血栓を溶かす薬剤を直接注入し詰まりをとります。

冠動脈形成手術
カテーテルを閉塞している冠動脈まで直接注入しバルーンで血管を押し広げます。
その後、ステントと呼ばれる金属をいれ、長期間閉塞しないようにします。

カテーテルは約2mmの細い管を手首や太ももから挿入します。
カテーテル治療の弱点としては血管が75%以上狭窄していないとカテーテル治療は行えなえません。
カテーテル手術は心臓部分を直接開かなくても済むので術後の体への負担が少なくなります。

カテーテル治療の弱点
血管の狭窄具合はカテーテル検査でしか分かりませんし、基本的に重たい症状の場合しか検査しませんので予防には使えません。
ステント自体は体にとって異物ですのでステントの周辺に血栓がたまりやすいです。

そして再狭窄もしやすいので手術でステントを入れた場合は手術前よりも食事に気をつける必要があります。
カテーテルの手術後は造影剤で血管がしっかり広がっているかを確認できます。
手術自体は1時間で終わり、入院期間は1週間程度です。

冠動脈が硬くなっている場合やカテーテルの管が入りにくいような状態になっている場合はカテーテル手術が上手くいかなかったり冠動脈を破損してしまう場合もあります。
その傷からコルステロール等の異物が進入し、粥腫が形成され再狭窄する恐れもあります。
しかし少ない確立ではありますが血管を傷つけてしまい死んでしまう例もあります。

冠動脈バイパス手術
閉塞してしまった冠動脈の手前から奥にかけて迂回し血管を通します。
この手術は胸を開きますので術後の回復まで時間がかかるのが欠点です。

カテーテル手術の失敗や再狭窄を繰り返す時に行われます。
やり方としては心臓を一時的に止め人工肺をつけて行うやり方と心臓が動いた状態で手術する方法の二種類借ります。
心臓を動かしたまま手術を行うので術後の負担が少ないのがメリットです。


狭心症の治療

狭心症は動脈硬化が原因なので治療は血管を広げる事に注目します。
手術は心筋梗塞の時と同じです。

発作が起こったらは安静にしニトログリセリンを飲み血管を広げます。
発作がないときはカルシウム拮抗剤や硝酸薬で血管を広げます。


薬で心臓病の治療をする

薬はその人の心臓病の原因によって様々な種類があります。
血管を広げ狭窄を解消する薬で直接解決をしたりコルステロール値や血圧を下げたて血液の状態を良くして心臓への負担を減らす薬があります。
しかし、それぞれの薬には様々な副作用があります。

薬を服用し始めて症状の改善以外の症状が出てきた場合はメモをしすぐに医師に相談してください。
基本的にアレルギー体質の人や肝臓病を持っている人、肝臓が弱い人は薬を処理しきれない可能性が高いので注意してください。

薬には3タイプある
薬には発作を抑制するタイプ、発作を防ぐタイプ、血栓を防ぐタイプの3つのタイプがあります

発作を抑制するタイプ
硝酸薬、ニトログリセンリン
硝酸薬は抹消血管を拡張させます。

抹消の血管が拡張されると冠動脈も血流がよくなるので頓服薬となります。
30分ぐらい効果があるので発作が起こった際には飲むことをお勧めします。

発作を防ぐタイプ
硝酸薬は発作が起きた際だけでなく常用することにより血管を拡張し発作を防ぐ働きがあります。
血流が良くなるので楽になるでしょう。

β遮断薬
心臓の機能が低下するとより心臓を働かせる必要が出てきます。
交感神経を高ぶらせ心臓を活発に働かせようとさせますが、狭心症の人が心臓が働きすぎてしまうと心臓が酸素不足できつくなってきます。
なのでβ初段薬で交感神経を落ち着かせることにより消費する酸素量を低下させます。

カルシウム拮抗剤
筋肉はカルシウムを使って収縮をします。
なのでカルシウムを抑制すると筋肉がゆるみ血流がよくなります。

血栓を防ぐタイプ
血小板凝集抑制剤
血管の内膜が傷つくとその傷を塞ぐ為に血液の血小板が集まります。
その血小板の働きを抑えるのが血小板凝集抑制剤です。

抗凝結薬、ワーファリン
血液の凝固を防ぐ働きがあります。



心臓病は食生活で治す

心臓病は薬で症状を抑えたとしても良くなったとはいえません。
食生活の乱れで血液や血管の状態が悪ければ粥腫が流れてきて血栓をしてしまう可能性もあります。
血液の状態を変えないと薬で良くしてもプラークは次々にできていくので再発に悩まされるでしょう。

運動療法
強い負荷のかかる運動だと心臓に負担がかかってしまうのであまり良くありません。
しかし、心臓への負担が怖いからといって運動をしないと血液中の糖やコスルテロール等がどんどんたまっていくのでよくありません。
ウォーキングやストレッチ等の軽い運動を長期間続けていくのが血液の改善に繋がり心臓にとってもいいでしょう。

自分で出来る心臓病チェック

ふくらはぎの浮腫みを指標にする
ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるぐらい血液の循環に関係があります。
なのでここが浮腫んでいる場合は血液のめぐりが悪くなっているので注意が必要でしょう。

アキレス腱の太さを指標にする
アキレス腱が太いとコレステロールが高い傾向にあります。
アキレス腱が太い方は血液検査や心臓の検査を受けると良いでしょう。


当院はどの様に施術するのか?

心臓病は背骨の神経が大きく関係しているので背骨を整えます。
そうすると脳からの信号が正しく伝わるようになり心臓が楽になります。
それと心臓周りの筋肉をゆるめると心臓の圧迫が減り楽になりみます。

他には心臓病の原因になっている高血圧を体の捻じれをとることによって良くします。
血液の状態を肝臓や腎臓をゆるめることにより良くしていきます。

私自身も生まれつき心臓が悪く病院通いでした。
大きくなってからも心臓が悪かったですが先生に施術をしてもらったところ随分と良くなりました。

心臓が悪いと呼吸が楽になったり心も楽になるので自律神経の異常や鬱の方にもおススメです。


お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-466-744
お問い合わせをお待ちしております。 →ご予約・お問い合わせフォームへ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る