当院の概要
HOME > 子宮筋腫・内膜症

子宮筋腫・内膜症

子宮筋腫・子宮内膜症について

子宮筋腫・子宮内膜症とは

子宮の異常には「子宮筋腫」と「子宮内膜症」があります。
どちらも月経の際につらい痛みがでたり出血量が多かったりといった症状が表れるのでそれが目安になります。


子宮筋腫とは

子宮筋腫とは子宮にできた良性の腫瘍です。

子宮は外側から「しょう膜、筋層、内膜」の三つに分かれています。
筋肉の層を外側はしょう膜、内側は内膜といった二種類の膜で包んでいるのです。
その筋肉の層にできる良性の腫瘍の事を子宮筋腫といいます。

大きくなってくると下腹部にしこりが出ます。
しこりの大きさや場所によって腰痛や便秘などの内臓の不調に発展します。
また、これらの病気になっていると妊娠しにくくなっている場合あるので要注意です。

子宮筋腫の一般的な症状は月経痛や月経過多です。
その他には不妊や排尿障害、腸の圧迫による便秘や腰椎の圧迫による腰痛等々、できる場所と大きさによって違ってきます。
これらの症状は筋腫がまわりの臓器を圧迫をするから発生します。


子宮筋腫ができる場所は

筋腫ができる部分は95%が子宮体部、5%が子宮の下部にある子宮頸部です。
とても小さなものから10㎏を超えるものもるそうです。

年齢によって様々ですが数十パーセントから約半数までの人が子宮筋腫であるというデータもありあす。
しかし、何故発生するかは未だに分かっていないのが現状です。

子宮筋腫の種類

色々ありますがここでは「粘膜下筋腫」「筋層内筋腫」「しょう膜下筋腫」の三タイプを説明します。

粘膜下筋腫
子宮内膜に接しているところにできる筋腫です。
子宮の内側に向かって増殖してくのが特徴で、子宮口から膣に出てしまう目で見て確認することが出来ます。
小さくても症状が強く出ていることが多く、月経痛や貧血が最も強く表れます。

筋層内筋腫
子宮を形作っている筋肉の層のなかにできる筋腫のことです。
このタイプが3つのなかで一番多く、色々なところに発生し大きくなりやすいのも特徴です。

しょう膜下筋腫
子宮からしょう膜の方(外側)に向かって大きくなるのがしょう膜下筋腫です。
症状がもっとも出にくく、赤ちゃんぐらいの大きさになってから見つかる場合が多いです。



子宮内膜症とは

子宮内膜症とは子宮の内側にある子宮内膜が卵巣や直腸等の子宮周りの組織、つまり子宮の内側以外に増殖する病気の事をいいます。
妊娠準備期間で厚くなった子宮内膜は妊娠しなかった場合は剥がれ落ちて排出されます。

しかし、この内膜組織が卵管を通って腹腔内にこぼれる場合があるのです。
腹腔内こぼれで増殖してしまった子宮内膜は月経の際に炎症や出血を伴ってしまいます。

この炎症や出血が様々な症状を引き起こします。
月経がある女性の15~20%近くが子宮内膜症であると考えられています。
子宮内膜症は月経痛、腰痛、月経不順、排便痛、貧血、むくみの症状が発生します。

一般的に子宮内膜症は治療をしなくても命にかかわるような症状は出ません。
しかし後述する「チョコレート脳腫」だけは別で閉経後に悪性の腫瘍になってしまう恐れもあるので手術にて治療をしたほうが良いでしょう。
手術をしない場合は定期的に進行具合をチェックするのが重要です。


子宮内膜症の種類

子宮内膜症には「腹膜病変」「ダグラス窩閉塞」「卵巣チョコレートのう胞」といった種類があります。

腹膜病変
子宮内膜組織がお腹のまわりの腹膜に増殖したもの。
徐々に肥大化し数も増えていくので周囲の臓器を癒着させてしまいます。

ダグラス窩閉塞子
宮内膜組織が子宮の後ろ側と直腸との間にあるダグラス窩で増殖したものです。
次第に子宮と直腸とで癒着が発生し、ダグラス窩が閉塞してしまい月経痛や排便痛や性交痛等が発生します。

卵巣チョコレートのう胞
子宮内膜組織が卵巣内に入り込んで増殖したもの。
出血を繰り返すと卵巣に古い血液がたまってしまい卵巣が大きく膨らみます。
普段は無痛だが、卵巣がねじれると激しい痛みが発生する。


不妊に繋がる子宮内膜症

子宮内膜症の方は妊娠率が低下します。
なので不妊に悩まれている方は子宮内膜症の検査をしてみることもお勧めします。


子宮内膜症が不妊に繋がる理由
卵子がキャッチできない
卵巣と卵管の癒着、卵巣と子宮の癒着、直腸と卵管の癒着です。

排卵が行われにくい
卵巣チョコレート脳腫になると卵胞が成熟しにくくなり、正常な卵子の成長と排卵が障害されるため、妊娠しにくいといわれています。

近年では子宮内膜症や子宮筋腫の人が増えてきているようです。
これは何故かというと結婚が晩年化したことにより妊娠時期が遅れていること、そして子どもを出産する人数の低下が原因であると考えられています。

妊娠時期が遅れていると何故子宮筋腫になるのかというと妊娠中は子宮の筋肉を発達させ子宮の入り口を柔らかくする作用があります。
なので妊娠をしてエストロゲンの分泌量が低下すると子宮内膜症が治まります。



病院ではどうするのか?

病院に行く前に以下の項目が必要となる場合があります。
  • ・月経が何歳から始まったか
  • ・平均的な月経の周期はどれぐらいか
  • ・最後に月経があったのはいつか
  • ・月経痛や腰痛等があればそれは何時ぐらいから始まったか

といった事をご自身で整理すると問診が楽になりますね。
月経中は避けて、お悩みの症状が出ている時に受診をしましょう。

病院での検査は触診と超音波検査やお腹を少し切ってから腹腔鏡を入れて診る腹腔鏡検査があります。
触診は内側と外側から挟み込んでチェックをします。
超音波検査は内臓や胎児をチェックするときと同じようなものでお腹に器機を当てて中を見ます。

子宮内膜症の場合は子宮が癒着していないか、卵巣がはれていないかをチェックします。
卵巣が腫れていない時はチョコレートのう胞の場合もあるのでMRIでチェックをします。

手術療法の種類

子宮筋腫と子宮内膜症の治療方法は薬物療法と手術療法の二種類があります。
薬物療法は子宮筋腫の原因といわれている女性ホルモン「エストロゲン」を抑制する「ホルモン療法」がメインになります。
「ホルモン療法」は腫瘍を取り除くわけではないので一時凌ぎの保存療法の一種になります。

これは閉経状態を一時的に作ってしまうので多汗症やホットフラッシュといった更年期特有の症状が出てしまうのが難点です。

手術療法は筋腫のみを取り除く保存手術」と子宮や卵巣そのものを取り除く「根治手術」があります。
筋腫のみ取り除く保存手術では卵巣や子宮内膜がのこっているので再発する可能性が高いです。
大きくなった人は筋腫を摘出してもまた大きくなりやすいので要注意です。

チョコレート脳腫の場合は卵巣の摘出を行います。
片方の卵巣だけがチョコレート脳腫だった場合は片方だけを摘出し、両側だった場合は両側とも摘出します。
子どもが欲しい方は保存療法で卵巣や子宮を残すことが重要です。

不妊に悩まれている方は保存療法で不妊の原因になっているかもしれない内膜症や子宮筋腫を取り除くのも重要です。
子どもの産む予定がない方や閉経が近い方は卵巣や子宮を取ってしまう根治もありではありますが私はオススメしません。


子宮筋腫の治療法の選び方

筋腫が与えている症状や大きさによって手術にて取り除くか経過観察をするかを決めます。
子宮筋腫を手術で取り除く手術する目安はこぶしの大きさぐらいになります。

子宮筋腫の患者さんが妊娠した場合は筋腫の場所や大きさにもよりますが胎児の成長の妨げになったり、坂後になったりする場合があります。

子宮内膜症と子宮筋腫が合併している場合
子宮内膜症や子宮筋腫の合併している人は意外と多く半数以上の方が多いです。
合併症の人は単独で発症しているしている人よりも症状が大体場合が多いです。

手術をする場合も単独で発症している人よりも時間がかかります。

子宮内膜症の手術方法
 内膜症のある部分を切除したり凝固させたり癒着を剥がしたりする保存療法と子宮や卵巣を取ってしまう根治施術があります。
卵巣チョコレート脳腫になってしまった場合は卵巣を切開してそこから脳腫を切除する、もしくは卵巣ごと切除するの二種類あります。



当院はどの様に施術するのか?

子宮筋腫、子宮内膜症共に振動を送ります。
子宮の病気は子宮が硬さが関係あるので振動を送ってやわらかくします。

そもそも筋腫というのは筋肉が硬くなってしまったものなのでやわらかい状態に戻せば解決するのです。
子宮筋腫で腰が痛く悩んでいる方もいますがこの調整で調整をすると良くなります。

不妊に悩んでいる方も子宮の硬さが原因の場合がとても多いので子宮まわりをやわらかくしましょう。


お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-466-744
お問い合わせをお待ちしております。 →ご予約・お問い合わせフォームへ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る