当院の概要
HOME > 統合失調症

統合失調症

統合失調症について

統合失調症とは?

統合失調症はもとは精神分裂症と呼ばれていました。
2002年にその病名が問題視され統合失調症に変更されました。

統合失調症は分かりやすい病名とされていますが私はこの業界に入って勉強するまで統合失調症という病名を聞いても分かりませんでした。勉強するまでは色々な症状を一まとめに統合した現代医学では原因不明のものと感じていました。

統合失調症は人口の1パーセント程度の方がなります。 お悩みの方は勿論のこと、以前の私のように良く分かっていない方は是非このページで統合失調症について知っておきましょう。

統合失調症の「統合」とは自身の体の感覚や心の感覚が一緒になって統合している事のことをいいいます。
心と体のバランスが繋がりが崩れている状態とも言い換えることが出来るでしょう。

統合失調症の人が問題に思っているのは対人関係の部分だと思います。
心と体が統合していない為、日常の会話でもうまく繋がりが理解しにくい場合や時間がかかる場合が多く本人自身が困ってしまいます。

五感も崩れているので思考のバランスを組み立てる事も難しくなってくる場合があります。
今までは簡単にいけていた道で迷ったり料理をする時に大変だったりします。

統合失調症には2つのタイプがある。
陽性の症状と陰性の症状があります。
陽性の場合は幻覚や幻聴、妄想等の症状が出るため他人にも症状が分かる場合が多いです。
陰性の場合は自分の殻に閉じこもってしまったりする場合が多く自分自身にしかつらさや症状がわからない場合が多いです。


症状

統合失調症の症状は妄想や幻覚がでて、思考のほうにも影響が出るので本人はあまり気が付きませんが他人から見るとまるで別人になったような感じがする時があります。
本人とは思えない行動をする場合も多いので周囲の人からは怖がられる傾向があります。

意識や記憶、視覚等々の五感に影響が出ます。

陽性症状と陰性症状の2種類に分かれる
陽性症状
妄想や幻聴が出ます。
幻聴は実際になっていない音を聞くといった意味合いではなく他人が自分への悪口や批判を言っているといった類のことです。

妄想は誰かに一日中見られているといったような現実的にありえないような内容になります。

陰性症状
喜怒哀楽、感情の起伏がなくなります。
五感も鈍くなってきます。

意欲の低下も発生し何か新しいことを始めようとしたりすることが億劫になってきます。
悪化してしまうと買い物等の日常的にできていたものもできなくなってきます。
自閉もし始め自分の殻に閉じこもってしまい他人との交流が煩わしくなってきます。

一緒に生活をしている家族の方はつらいと思いますが一番つらいのは本人です。
なので家族の方はご本人としっかり向き合って一緒に治療していきましょう。

幻聴は自分の声
統合失調所になると他人の声が聞こえてくることがあります。

人によっては超能力が開花したと勘違いしがちですがこれはあくまで自分の思いが聞こえてくるだけです。
なのであまり気にせずほっておきましょう。

体にも変化が出る
統合失調症の初期症状は肺や心臓や胃腸に不調が出始めることが多いです。
特に胸が重たい、頭がぼーっとするといった症状は殆どの人におきます。

自分の考えた事が相手の考えたことと考えてしまう
私達は普段自分の考えなのか他人の考えなのかをはっきり区別できます。
しかし統合失調症の方は自分の考えなのか他人の考えなのかの判別がつかなくなってきます。

自分の考えたことが他人の意見、他人が言っている事と勘違いしてしまいます。
そして徐々に「自他の境界が崩壊」していきます。
余りに悪化してしまうとその人の人格が徐々に崩れていき崩壊してしまう場合もあります。


統合失調症の原因

統合失調症の原因は不明されていますが幾つかの憶測はあります。
胎盤にいた時に体や脳に衝撃が加わったりあるいは親からの性格的な遺伝だと考えられています。
基本的には幾つかの要因が重なって起きると考えられています。

心の病気と思われていますが西洋医学的には脳の病気だと仮定しています。
慢性的な病気なので高血圧や糖尿病と同じと考えられています。
薬を飲み続けることで症状を抑えることはできるでしょう。

統合失調症は脳が変化する
統合失調症の人の場合は脳の構造が変化している傾向にあります。
しかし、この脳の変化は統合失調症以外でも起きるので確実に統合失調症が原因で発生しているとはいいにくいです。
統合失調症になったから脳が萎縮し生活に影響が出たのか、もしくは脳が生活に影響が出た結果脳が萎縮し統合失調症になったのかは判別できません。
鶏が先か卵が先かと同じでしょう。


西洋医学的見解

統合失調症は西洋医学では脳の異常とされていますが実際は最新の西洋医学でも解明されていません。
「心が正常からの偏り」であると考えられていますのでストレスに対して弱い人が発祥しやすいとされています。

つまり一般的な気持ちの揺れの延長上ということです。
原因が分かっていないので再発は必ず起きるとされていますので再発防止には不眠や気分の落ち込み等の初期症状を見過ごさない。

薬は一生に渡って飲み続けていかなければならない
西洋医学的には糖尿病と同じ慢性疾患なので一生良くならないとされています。
現代の医学では根本的に治療するのが難しいということです。


早く気づけば悪化を防げる
統合失調症の場合は家族の方は受け入れがたく目を背けたくなる事もあります。
この時に自分の育て方が悪かったと思うご両親もいます。
西洋医学的には親の育て方は関係がないとされていますが関係ないことはありません。
育て方と言うよりは接し方に関係があると言えます。

特に子供のときは接するのが殆ど親なので親の影響を強く受けます。
親がどのような生き方をしてきたかがかなりの要因を担っています。

遺伝的要因について
統合失調症の発症率は1パーセント程度と考えられています。
しかし、両親が統合失調症の場合は10パーセント程度にも上がってしまい、両親共に統合失調症の場合は50パーセントにもなってしまいます。

西洋医学的には遺伝子の異常ではないとは考えられています。
しかし私は育て方の影響だと思います。

神経伝達物質が感情を決めている
神経伝達物質が感情を決めているとされていあます。
このなかのドーパミンが運動神経や食欲中枢等に関係することが分かり、そのドーパミン遮断することによって症状を抑えることが一般的になりました。

このドーパミンを抑制することで感情の起伏を無理やりカットするといったことになります。
なので薬を飲んだからといって根元や原因が良くなったとはいえません。
なので症状が軽くなったとしても薬をやめてしまうことは危険でしょう。


原因は3つに分類される

統合失調症を原因から仕分けをすると外因性、内因性、心因性の3つに分かれるとされています。

陽性症状と陰性症状の2種類に分かれる
外因性
外因とは体や脳に異常がある場合に発生するものです。
事故や病気で体が損傷した場合や薬での副作用で精神に作用してしまう場合にあります。

内因性
内因性は今のところ原因が判明していない場合のことをいいます。
こころの問題とされています。

心因性
心因性は心理的な要因で精神病状態になってしまう事のことを言います。
原因は社会人になったり大学生になったりと自信の環境に変化が見られる場合や大きな事故、虐待やいじめ、ハラスメント等でなります。

症状や年齢から3タイプに分かれる

統合失調症は破瓜型、緊張型、妄想型の3タイプに分かれます。

破瓜型
破瓜とは16才の女性のことをいいます。
その年代の男女がかかる統合失調症という意味です。
感情や思考に問題が出てきます。

少しずつ今までの生活習慣が崩れてくるのが症状の始まりです。
敏感な面と過敏な面を持ち合わせている状態になります。
このことから徐々に他人との意思疎通が億劫になっていきます。

緊張型
急に興奮したり急激に身を縮こませたりしたりしたりします。
基本的には他人を拒絶したりする行動が多くなっていきます。

妄想型
この妄想型は全般的な年齢に起こります。
幻覚や幻聴といった妄想が殆どで他人との係わり合いは問題が出ない場合が多いです。
なので他人からは統合失調症と気づかれにくいでしょう。


統合失調症の4つ期間

統合失調症の期間を分けると4つの期間に分かれます。

前駆期
不安感や動悸や息切れ、不眠の症状にあわせて薬を出したり生活習慣の改善に努めます。

前駆期の症状にあたる不安や不眠が始まる前に家族やペットの死、あるいは仕事や学校でのトラブル等が原因になります。
今の生活上に不安を作る問題がないかどうかを調べていき、ある場合はその原因を取り除いていきます。
この期間中は症状も軽いので出来るだけ原因を突き止め環境を変えることが出来るかが重要となってきます。

急性期
急性期は症状がきついので薬で症状を抑えるのがメインになります。
幻覚や妄想の陽性症状が激しい場合は入院することもあります。

急性期には前駆期よりも詳しい問診や検査をします。
検査では脳のスキャンする場合もあります。
強い薬を出したり量が増えていくので副作用がきつく出る場合が多いです。
副作用は人によって違いますので自分でどのような症状が出たのかを記憶しておきましょう。

陽性症状と陰性症状が交互に出ます。
なので症状が落ち着いたと思っても時間がたつと逆の症状が出ることを忘れてはいけません。

回復期
回復期も薬で症状を抑えます。
急性期よりは投薬寮を減らしていく傾向にあります。

安定期
安定期は症状が安定してきているため薬の量を一定にし症状の様子をみていきます。
基本的に安定期でも薬をやめることをしてはいけません。
何故なら薬で精神の起伏を抑え安定しているからです。

薬をやめてしまうと感情の起伏が激しくなり症状がきつく出る場合が多いです。
半年や一年間といった長い期間をかけて徐々に減らしていかないと危険でしょう。



家族や周りの人が支える

統合失調症は本人が原因ではなく周囲の環境が原因です。
本人の問題ではないので本人で統合失調症を良くする事は難しいです。
なので一番身近な環境である家族環境を変え、周囲の人が支える必要があります。

統合失調症の方は様々な不安感や幻覚や妄想がある為、他人からしたら支離滅裂な事をいったりします。
その言っている内容は本人にしか理解できません。
なのであまり言動に惑わされずにその言動が出てきている不安感や恐怖心に目を向けましょう。

療養に適した環境にいると回復は早い。
ギスギスした家族環境や生活環境だと一向によくなりません。
なので統合失調症の症状がみられたら家庭環境を考えてみてください。

理論や理屈ではなく感情を伝えると伝わりやすいでしょう。
娘や息子さんの場合は愛情表現をしっかりしましょう。

接し方
接し方を気をつけるといっても過干渉や過保護には注意が必要です。
本人の自立性を失わせてしまうといけないからです。

関わる時にはこちらのしたい事を通そうとせず良く本人の状態を見極めることが重要となってきます。
このことは本当の意味で気が使える人でないと難しいです。
なので家族の方で気配りができる人が接するのが一番よいでしょう。

家族の方の感情の起伏が大きい場合は接すること自体が負担になるので気をつけましょう。
「○○しなさい」といった指示をすることは危険です。
本人がしたいことできる事を優先しましょう。

理詰めで問い詰めない
統合失調の方は独自の考え方を持っています。
なので一般的な考えで説得しようとしてはいけません。

統合失調症の方に解釈が幾通りもあるような話し方をしてしまうと本来の意図とは違った意味で解釈される場合があります。
なので出来るだけストレートに伝わる言葉を選んで話しましょう。

暴力的になる場合は何か原因があります。
一人でいるときは中々おきず誰かと接している時に多いです。
なのでどのような接し方をしたかを良く観察していきましょう。

できる事を増やしていく
統合失調症になると普段できていたことができなくなってきます。
普段毎日のようにしていた料理や買い物もできなく場合もあります。

なのでその日の状態に合わせて本人が出きると思ったことを積極的にやっていくのが非常に重要となってきます。


病院選び

医者や病院は本人の感覚で選んだほうがよいでしょう。
本人が合わないと感じればカウンセリングは上手く進まない場合が多いからです。
基本的に時間を割いてくれたり個人個人を尊重してくれる先生がいいです。

問診では誰が受診を考えたか、受信した理由、生活上困っている事や症状等を聞かれます。
家族の勧めで来院した場合は家族の方に理由を聞きますし、ご本人の意思で来院した場合は本人に症状を詳しく聞きます。

妄想や幻覚といった統合失調症のメインのだけでなく不眠症等の症状も聞かれます。

統合失調症は数値化できない
統合失調症の症状はほかの体の不具合とは違って数値化できません。
なので本人の自覚症状が判断の基準になってきます。
その他に病院では判断できないので普段の生活習慣の傾向を家族の方から聞くことも判断材料の一つになります。


統合失調症の治療

統合失調症の治療は薬物療法とリハビリがメインになります。
西洋学的には 統合失調症は投薬以外では回復できないとしています。
薬は陽性症状向けのものと陰性症状向けのものの2種類があるのでその時の自分の具合に応じて飲み分ける必要があります。

しかし、薬のページでも書きましたが薬では神経伝達物質の増減しかできないということを忘れてはいけません。
症状を抑えているうちに環境を変える必要があります。

抗精神病薬
急性期の陽性症状には有効ですが陰性陰性症状には効果が少ないです。
神経伝達物質のドーパミンを抑制することがメインになります。

ドーパミンを抑制すると感情の起伏が抑えられます。
しかし、ドーパミンの作用を抑える以外の薬でも効果があるのでこのドーパミン説も覆されつつあります。

現状の西洋医学では原因不明ともいえるでしょう。

最近では薬によってはセロトニンを抑制することによってドーパミンの量を増やすといった陰性症状にも作用する薬も登場しています。
薬の作用が出るのは2~4週間ほどかかります。

そして症状の具合や薬での改善率、副作用の具合は数値化できないので人の自覚症状が一番の頼りになります。

薬は基本的に経口で服薬をします。
基本的に口から飲むことができる場合は口から服薬をします。
しかし、飲めない場合や効果が薄い場合は注射で投薬する場合もあります。

自分の意思では薬の量や種類を調整しない
薬を飲み始めてある程度の期間がたつとある程度落ち着いてきます。
陽性症状や陰性症状が移り変る時にも症状が一時的に落ち着く場合もあります。

症状が落ち着いてくると薬をやめたくなってきます。
何故なら薬には副作用があるのでやめたほうがスッキリとするからです。

しかし 服薬をやめてしまうとまた症状がでてくるので注意が必要です。
薬の種類を変えたり量を減らしたいと思った場合は医者と相談してからにしてください。


当院はどの様に施術するのか?

当院では自律神経失調症の方には心臓の調整、肺の調整、猫背や巻き肩等の姿勢調整、内臓調整、頚椎や頭蓋骨の調整姿勢をします。
自分の行動に善悪がついている程度までの人なら良くなっていくと考えて良いでしょう。
一定以上悪いと施術をする事すら出来ない場合もありますのでご注意ください。

自律神経が崩れると心も体も乱れる
自律神経も崩れている場合が多いので内臓の悪い箇所を調整します。
特に胃腸が悪くなっている人や、薬を飲み続けるので肝臓に負担がかかっている場合が多いです。

肝臓が悪いと薬の副作用を軽減できません。
頚椎や頭蓋骨は脳からの信号を体へと伝達させるのに重要な箇所になっています。
なのでここに異常があると体や心に異常が出ます。

呼吸の深さが自律神経を操るカギとなっています。
ということもあり統合失調症の方は呼吸が浅くなっていく傾向があります。
なので心臓や肺、猫背や巻き方を調整すると呼吸が深くする必要があるのである。

脱力のページでも書きましたが 呼吸を深く出来れば出来るほど自分を深く操ることが出来るとも言えます。
統合失調症の方は自分の心を自分で操れない状態なのでまずは呼吸を深くしましょう。

西洋医学で言う遺伝的要因はあるのか?
西洋医学的に遺伝的要因があると考えられているのは正しいともいえますし間違っているともいえます。
この項に書いた心肺の機能、姿勢や頚椎や頭蓋骨の状態は遺伝します。

なので統合失調症になりやすいかどうかは親からの遺伝も関係しているといえます。
しかし、あくまで要因なので生活の習慣や環境の方が大きな原因になるのでこちらに注意しましょう。

基本的に整体は体を整える事しか出来ません
しかし体と心は表裏一体ですので体を変えれば心もかわります。
一般的に体に異常があれば心は沈みますし心に異常があれば体にも異常が出ます。
なので体を整える事がとても重要になってきます。

体を深く調整すると心の調にもなる
当院では統合失調症の方には体と心を同時に調整しますのでお困りの方はご来院ください。


お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-466-744
お問い合わせをお待ちしております。 →ご予約・お問い合わせフォームへ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る