【体と心】心配や不安に思うと体にダメージ!→何か行動しましょう

心(精神)と体との関係性

こんにちはー

「早速ブログ」なムラタです

今日は体と心!

 

・再び「考え事×」「悩み事○」

以前にも、書いた気がしますが再び考え事というか悩み事の話しです。

お客さんと話をしていたり、体の状態を見ていくと、どうやら考え事…いや、悩み事をしてる人が多いんですね。

悩み事をしているので、不安や緊張状態が続き、体に不調が出てしまっています。

このブログでいう考え事は「解決策を見つけたり、物事を深めていくこと」事をいいます。

 

・トラウマを思い出し続けるのと同じ

過去のショッキングな出来事、トラウマを思い出すだけでも、体というものは再体験をしたかの様な状態になってしまいます。

これは過去の出来事だけではなくて、未来に起こることに関して考える、つまり悩むことでも同じく体は変化してしまうんですね。

 

・体と心のつながりを感じたほうがいい

次の記事ぐらいに、体を心がどの様に繋がっているかを書こうと思いますが、まずは「繋がりを感じたり、思い出したりして知ったり体験や実感した方が納得しやすい」と思います。

私もそうでしたが、多く人がテストの前とか試合の前とかだと、緊張して手や足が動かしづらくなったり、お腹が痛くなったりする経験があると思います。

告白する時に、ドキドキして気持ちが悪くなったりするのもそうですね。

これは、心(不安感や恐怖心)によって肉体が変化している、つまり心が体に影響している状態です。

特に子どもの頃は感覚が良い場合が多いので、お腹が痛くなりやすい(感じやすい)ですが、「気がついていないだけで子どもだけでなく大人も日常的に、不安感や恐怖心を持って生活をしている」んですね。

その、「感じにくいけどダメージを受けている状態が続く」と、内臓に大きな不調が出たり、今日の方の様に腸のダメージから腰痛になったり首が痛くなったりします。

臭みが無く、非常に美味しかった!

 

・気をそらす

悩み事を思い出しながら、体を整えることが出来れば悩み事を思ったとしても体は緊張しなくなっていくので、不安感や恐怖心は減っていきます。

しかし、これは自分でやるには難しいので(やっていただいてもいいですが)、「悩みだしたら気をそらすようなことをする」のをオススメします。

読書でもいいですし、スマホをいじるでもいいですし、音楽を聞いてもいいですし、食べ物を食べてもいいですね。

体を動かせる人は足首を回したり手首を回したりするような軽い運度でもいいと思いますよ。

意識が悩み事から外れれば外れるほど、不調になっていく度合いは遅くなりますし、代わりにやるのが楽しいことや体を緩むような事であれば、健康にもなっていけますね!

…その様な視点から考えると、趣味をしている時は悩み事から意識が外れるので趣味があったほうがいいかもしれません!

 

・今日のマトメ 悩みだしたら何か行動するといいかもしれませんよ!

 

四日市の整体院・村田整体

体と心を解説するのはコチラ!