音に気をつけるのが簡単に出来る健康法じゃないかな

こんばんはー

「耳も皮膚も負担かかっているな」と思うムラタです

今日は音!

 

・とんとん、どっかーん

音というものは常に聞こえているものですが、この音が自分にとって意外と負担がかかっている場合も多いです。

自分以外が発する音に関しては仕方がない場合もありますが、自分が発する「足音や扉を閉める音等々」に関しては気をつけたほうがいいと思いますね。

自分が発する音が一番自分に近い音、大きく聞こえるものですし一生続いていくので、ここを気をつけるだけでも自分にかかる負担は違ってきます。

 

・自分が不快に思っていなければ

本当は他人に対しても気にしたほうがいいですが、まず最初は「自分が不快に思っていなければ」どのような音を発してもかまわないと思います。

まぁ本当は他人に対しても不快のない音を発したほうがいいですが、なにが不快かは個人差あるので自分が不快ではないかをまず感じてみて気をつけてみましょう!

美味しかったけど、どこのだったか…

 

・他の五感もやった方がいいけれども

他の五感、嗅覚や味覚や視覚等々も気を使ったほうが健康にはよいですが「臭いも味覚も自分が感じ取れる範囲でした気をつけることが出来ません」

なので、比較的に分かりやすい、気をつけやすい音からはじめてみるのをオススメしました。

まぁ、音も嗅覚や味覚と同じといえば同じなのでむずかしいといえばむずかしいですが…!

あと、音といえば聴覚だけのように思うかもしれませんが音は振動なので「皮膚感覚、触覚」にもカナリ影響します。

むしろ、皮膚のほうが耳よりも面積広いので耳よりも振動の影響が大きいと、私は感じますね。

ちょっとしたとこですが、積み重ねていけば健康度合いが変わってきますし「耳が聞こえずなっている人」は特に負担がかかっているハズなので気をつけると違ってくると思いますので気が向いた時に意識してみてくださーい

あ、耳も整体で見ますよ!

 

・今日のマトメ 意外なことが負担になっていることが多いのじゃ。まずは音に関して少し気にしてみるのもいいかもしれんぞ!

 

四日市の整体院・村田整体
耳も整体できるのはコチラ!