整体が効かない…!?にも理由があるという話

整体について

こんばんはー

「日々、成長」のムラタです

今日は整体が効きづらい人について!

・そもそも下手で…効いてない!

整体が効いていない場合は幾つもありますが、一番多いのは「効いていない」場合ではないでしょうか。

効いていないということは「見当違いな所を整体している」、もしくは過去の記事(リンク先にある記事も読んでいただくといいと思います)に書いたように「ただ痛めつけている場合」が多いと思います。

体というものは筋肉や血管、神経で全身繋がっているので一箇所が緩まれば他の箇所も緩まる場合もありますし、硬くなる場合もあります。

違うところの器官や臓器がお互いの硬さや柔らかさに影響を受けて「引っ張り合っている」のだということです。

引っ張り合った結果、筋肉や内蔵や神経が千切れて、傷がつき痛みが出るということですね。

なので、痛みがでている箇所に痛みの原因があるわけではなく「痛みの原因は全身にある」ということです。

 

・効いてるけど自覚できていない!

整体が効いていても、お客さんの感覚次第では効いていないと判断する人もいますね。

でも、私の場合はある程度感覚が鋭いので、効いているか効いていないかをお客さんに効かなくても感じ取ることが出来ます。

なので、お客さんが「整体中に寝てしまっても整体できる」んですね。

私は基本的にお客さんよりも感覚が鋭いので、お客さんがその場では効いていないと感じていても「実際は効いているので後からすごく楽になった」という方も多いです。

お客さんは痛みがある場合は判断しやすいですけど、軽くなったかどうかでは分からない人もいますね。

御在所での写真!

 

・触った刺激が届いていない

整体でもマッサージでも針灸でも「触った、触られた」という刺激が皮膚で感じ取ることが出来ないと変化しません。

つまり「麻酔を受けた状態や泥酔状態や痛み止めを飲んだ状態」では効きずらいということですね。

なので、皮膚であったり体内の感覚が鈍ければ鈍いほど、整体やマッサージの効果は出にくい場合も多いということです。

なぜ鈍くなるのかというと、過去にも書きましたが「痛い整体を受け続けたり、電気を受け続けたり、薬を飲み続けたり、ストレスを感じ続けたり」した期間が長ければ長いほど、ストレスに対する防御反応として体は神経を鈍くさせます。

「何処に行ってもよくなりません!」という方の殆どは、鈍くなっていることが多いように思います。

・奥まで整体して、感覚を戻す

なぜ、このような記事を書いているかというと、その様なお客さんが久しぶりに来たということもありますし、このタイプは何処に言っても良くなってない人が多いからです。

このタイプの方は触ると分かるのですが「鈍い感じ、度合いにもよりますが脳梗塞等で感覚麻痺している人に近い感じ」で、通常であれば激痛の調整をしても痛くないという特徴がありますね。

このような方でも、奥深くまで整体をすれば奥にある神経に刺激が届くので感覚が戻ってきます。

といっても、痛めつけるようにやってしまうと更に神経が鈍くなるので、普通の整体やマッサージではむずかしいと思います。

力強くやると、お客さんに抵抗されて皮膚や表面の筋肉で刺激が止まり、痛めてしまうので「軽く触っても、優しく触っても激痛!」つまり、相手の抵抗なく奥の神経まで届かせるような調整ができるところじゃないと、逆に痛めてしまいますね。

あ、普段は痛くない感じでやってますので

ご安心を!

・今日のマトメ 「良くならない、なりにくい」にも理由があるのじゃ!人は感覚で生きているので感覚が戻れば人生違ってくるかもしれんぞよ!

 

四日市の整体院・村田整体
感覚も戻せるのはコチラ!