繋がりが分かったり感覚がないと厳しいという話

整体について

こんばんはー

「食べすぎで眠たい」ムラタです

今日は体の繋がりと感覚について!

 

・肩と首が痛い…

肩と首と痺れがあるお客さんが来ました。

感覚を使って体のつながりを感じていくと、背中であったり腕であったり、手首や膝等々「色々なところが悪い感じを感じ取れる」のですね。

そして、私が悪いと感じた箇所について色々と聞いていくと、今は痛くないけど過去にケガをしていたり強烈に痛かったりした箇所でした。

・目がいったーい

色々と感じながら肩と首と痺れをよくする為に全身を触っていったのですが、ある程度、整ってきたら強烈に目が痛い感じがしてきました。

お客さんに聞くと尋常じゃないぐらい目が疲れている様子。

そして、後頭部がよく頭痛になるそうなんですね。

後頭部というものは、視覚処理をしている脳があるので目が疲れると後頭部が重たくなったり頭痛がしたりしやすい方が多いです。

なので「首の上部とかそれと繋がっているところを整体する」と目の重たさもなくなり痺れていた箇所や肩や首も楽になっていきました。

結構おいしいです!

 

・繋がりを感じれないと

今回のように、体は全身繋がっていて関係しているわけです。

多くのお客さんは感覚が鋭くないですし、首と腰であったり首と内蔵等々「違う部位と違う部位が繋がっているとは思っていません」ので、今分かる範囲での痛い箇所しか分かりませんし考えつかないです。

そして、お客さんだけでなく整体や針灸等の治療する人も殆どが感覚が鈍いので繋がりも分かりませんね。

なので、肩が痛ければ肩を触りますし、腰が痛ければ腰を触ります。

だから「何処に行ってもよくならない!」という人がいるわけですが、あたなの体が悪すぎたり、その整体が合わないというよりは、施術する側の能力、感覚不足ですね。

私は、だいたいは感じれるので「何処に行ってもよくならんわ!」という方も来て頂けたらと思いますー!

 

・今日のマトメ 繋がりと感覚があったうえで、技や知識が生きてくるのじゃ。よくならない場合は施術者がこの4つの何かが足りていない可能性が高いぞ!

 

四日市の整体院・村田整体
感覚を使って整体するのはコチラ!