整体・整骨・マッサージの危険性

こんばんは!

四日市の整体院「村田整体」の村田です。

ブログを書き始めたときはネタが尽きるのではないかと心配していましたが、来院した方との会話で書くことが次々と出てきています。

今日は整体や整骨やマッサージの危険性について書きます!

 

・整体や整骨って何?何をするの?

整骨は機械を使う場合もありますが、整体も整骨も基本的に手技で体を良くしていくものです。

どちらも学校やセミナーや勉強会で学んだ技術(わざ)を使い体のバランスを取ることによって痛みや不調を良くしていきます。

基本的にお客さんの手足を持って動かしたり、抵抗をかける事によってバランスを整えますね。

骨を触って動かし筋肉のバランスを変えて骨の位置を位置を痛みの無い場所に戻すといった方法もあります。

整体や整骨の技術(わざ)は習いさえすれば大抵の人がその場で効果を発揮できるものが多く、大変便利です。

しかし、便利であるからこそ危険性もあります。

・技(わざ)の危険性

技というものは筋肉を深く緩めて健康にするというよりは筋肉のバランスを変えて痛みや不調を無くしていくというものに近いです。

筋肉のバランスを変えて不調をなくしていくので技が効かなかった場合はバランスが良くなっていないということです。

つまり、整体や整骨にいって変化を感じなかった場合は余計に体を悪くしてしまっている可能性が高いという事ですね。

これが技の危険性です。

 

・多くの整体や整骨に行った人ほど…

この記事に書いたことを踏まえると多くの整体や整骨に行った人ほどバランスが崩れている場合が多いです。

腰は良いけど膝はダメ、肘は良いけど首はダメ等々…人によって様々な崩れ方をしています。

特に色々な筋肉の影響を受けやすい首や腰は複雑に絡み合うようにして拗れている場合が殆どです。

なので深くまで筋肉が傷ついている場合は技だけに頼っても良くする事は難しいといえますね。

 

・激痛の整体やマッサージも

一般的な激痛の整体やマッサージも筋線維を次々に破壊しするので受ければ受ける程、筋肉の奥深くまで破壊されて痛みが増していきます。

痛みを受けると筋肉を硬くし防御していきます。

そして、ある一定のラインや期間を超えて痛い整体やマッサージを受け続けてしまうと神経を麻痺させることによって痛みから身を守ります。

神経が麻痺するとありとあらゆる刺激からの反応が鈍くなるので、何をしても良くなれないといったゾンビのような状態に変わってしまいますね。

 

・結局は触って深く良くするしかない

神経が麻痺しゾンビのような状態になってしまった場合は動かして調整する、骨を触って調整するといった技(わざ)は殆ど効かなくなってきます。

その様になってしまった場合は筋肉を深くまで触って良くするしかありません。

しかし、深くまで触って良くしようとすると体の使い方が下手な場合は相手に抵抗されるので触った刺激が表面で止まり、ただ痛いだけの激痛の整体やマッサージになってしまいます。

「深く触っているのか」「ただ痛いだけなのか」といった違いを判断しなければなりません。

 

・受ける側はどのように判断したらいいのか

受ける側は「深く触っているのか」「ただ痛いだけなのか」の判断をしないと危険です。

判断方法は整体やマッサージを受けた後や数日経った後に体が軽くなっているか、日常生活が疲れにくくなっているかといったことで判断していただくといいでしょう。

触って良くできる所であれば徐々に筋肉が表面から奥にかけて柔らかくなっていきますね。

 

・激痛によって出来た痛みや不調の特徴

奥にある痛みや不調の特徴は表面にない、つまり触れないという事です。

怪我をした箇所は触っただけで痛いですし通常のように体を使って体を痛めた場合も体の表面を傷めるのでこれも触ったら痛い場合が殆どです。

激痛によって出来た痛みは奥にある筋肉や神経を痛めているので何処を傷めているか分からない、範囲が広いという特徴もあります。

その他には奥にある筋肉や神経がやられていてゾンビ状態になっている場合は指で全力で押しても痛くないですね。

奥にある整体やマッサージによって傷つけられた筋肉や神経を表面から徐々に緩めていくのが大切です。

奥にある原因まで到達できれば痛みや不調は良くなります。

 

 

 

コメント