当院の概要
HOME > 便秘

便秘について

便秘について


便秘とは

便秘とは基本的に2日以上便がでない状態のことをいいますが、毎日出ていても残便感があったり量が極端に少なかったりしても便秘といえます。
便秘というものは腸の動きが悪いことが原因です。

腸の動きが悪くなると便を奥へと押し出せないので便がたまっていってしまいます。
便秘を大きく分けると大腸で止まってしまう場合と直腸で止まってしまう場合の2種類があります。

直腸が原因の場合は直腸が硬くて便が出せないというよりは直腸が硬いため便を感じることが出来ず便を出す信号が脳から出ない事が原因です。

内臓下垂と呼ばれる内臓全体が下がってしまう状態になってしまうと腸が圧迫されてしまうので便秘になる可能性は非常に高まります。

排便の仕組み

食べたものは胃で消化し小腸で栄養を吸収します。
次に大腸で水分を吸収し、残った分が直腸にたまっていくのです。
直腸に便がたまると大脳から便を出せという命令が出るのでこの命令に敏感になることが便秘にならないためには重要です。

理想の便とは
理想の便はバナナのような形であること、十分に水分を含んでいることや便意を感じたらすぐに出せえることをみてください。

水分の接収量も便の柔らかさにとって非常に大きな要因ですが大腸をどれだけスムーズに通過できるかで決まってきます。
何故なら大腸は水分を吸収しているので大腸でとどまっている時間が長ければ長いほど便が硬くなり排出がしにくくなるのです。

女性は便秘になりやすい
女性は無理なダイエットや締め付けの強い服装を着る機会が多いので便秘になりやすい人が多いです。

ダイエットによって栄養素や水分が十分摂取できていないとより良い便が作られないからです。
日によって食べる量が違うというのも便意が一定にならないので良くありません。

便秘に効果のある理想の食事

食事はバランスよく取る事が望ましいですが、その中でも特に気をつけたほうがいいものが幾つかあります。

食物繊維
食物繊維は腸では吸収しきれないので便の量を増やしてくれる役割があります。

乳酸菌等の菌類
便というものは消化や吸収が出来なかったものが出るだけでなく腸にある最近も一緒に排出されます。
なので日頃から菌を摂取しておく事で腸内の細菌を増やしておくといいでしょう。

ミネラル
ミネラルには様々な働きがあります。

便をやわらかくしたり腸のぜん動運動をサポートしてくれます。
ミネラルや野菜や塩に含まれていますので積極的に摂取してください。


油は健康に悪いというイメージがありますがそんなことはありません。

油は摂取栄養素の一つで足らなくなると老化の原因にもなりますし体を動かすのに必須です。
腸のぜん動運動の働きも助けてくれます。

便秘には運動も必須

便秘は食事に気をつけるだけでなく運動を積極的にしていくのも必須です。
運動をすることによって腸がマッサージされ便もスムーズに動きます。

便秘に対して有効なオススメの運動
便秘の人は腸が硬くなっているので捻る運動や動かす運動が非常に有効です。

「金魚運動」や気功でいう「スワイショウ」やがオススメです。
腹式呼吸でお腹を積極的に動かしていくことも日常的に何処でも出来るのでやってみてください。

お腹の中を暖める

便秘はお腹を緩めることが重要で、特に腸を緩めることが非常に重要です。
お腹を服の上から触って緩めたり足からお腹を緩める調整をします。

便秘に対してはお腹の硬い場所に便がたまっているので固まっている便そのものを砕き大腸の奥へと流すことも可能です。

便秘に対する当院の調整法

便秘はお腹を緩めることが重要で、特に腸を緩めることが非常に重要です。
お腹を服の上から触って緩めたり足からお腹を緩める調整をします。

便秘に対してはお腹の硬い場所に便がたまっているので固まっている便そのものを砕き大腸の奥へと流すことも可能です。

お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-466-744
お問い合わせをお待ちしております。 →ご予約・お問い合わせフォームへ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る